待合室から ーお若い方の習い事ー

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

真面目な自分を新発見した私ですが、お稽古しようにも家には畳の部屋がありません。経験された方も多いと思いますが、家を建てる時に一番最初に予算カットされるのが内装です。

我が家の場合まず内壁、夢に描いた白い壁はなし。外ブロックのまま。次に畳。しようがないので紙で炉を作って床に置きました。涙ぐましい努力です。でも、気分がイマイチ盛り上がりません。そこで一畳のゴザを買ってきて、ラクマでポチっとした風炉を置きました。便利な世の中ですね。風炉と釜を合わせて、5,000円です。

いい感じです。嬉しくなって茶歴の長い方に写真を見せたところ、この釜は炉用で風炉用はもっと小さめとの事。あらっ、聞かなければよかった。でもまあ、良しとしました。一畳茶室の出来上がりです。リビングの真ん中にゴザをひいています。院長や娘は、「お茶室失礼します。」と言いながら、神聖な所を踏みつけていきます。


炉 (11月から4月) 釜をかけて湯を沸かす


風炉 (5月から10月)