待合室からーメタルクラフトユタカ鉄楽ー

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

11月の待合室に飾っていました額に皆さま興味を持たれ、スタッフへの質問が多かったそうです。これは上田豊さん(メタルクラフトユタカ鉄楽)の作品です。

虫のようにみえるのは、鉄や他の金属などを溶接する時に加熱によって溶けた金属のしずくが下の冷たい鉄板の上に落ちはじけてできた偶然の産物だそうです。それを額に並べて虫ピンでとめてあります。そう考えると並べるセンスさえあれば色んなもので作れそうです。その美的センスが問題ですが。上田さんは、鳥栖の工房で建築店舗などの鉄、金物の制作をされています。オブジェやプレートもあります。