診察室から ーただ今、訪問診療拡充中ー

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

長年の患者さまやケアマネの方々からの訪問診療のご依頼が増えて参りました。
有り難いことですが、現在の体制では、すぐに伺えることが難しいことが多いです。
そこで、訪問専門の歯科医師に来ていただき、毎日、治療や口腔ケアに伺える体制作りを現在準備中です。
体制が整いましたら、ご案内いたします。

昨日秋分の日、県内有数の充実した訪問歯科診療体制の整っている歯科医院へ、スタッフと勉強に行きました。
最近の医療器具は小型化しています。歯石とりなどのお口のお掃除や、入れ歯の調整の他、レントゲンを撮り、
削ったり、根の治療をし、型を取って、被せたりもできます。
ただ、様々な道具を全て持っていくのは無理ですので、いろんな工夫が必要です。

小型のバンの中に治療目的ごとのケースを定位置に詰め、ご自宅や介護施設や病院に着くとワゴンごと降ろし、テキパキと治療準備にかかります。ワゴンを車の中で固定し、降ろしやすくするために、患者さまである大工さんが、車止めを作ってくださっていました。

 

ライトの代わりには、LEDヘッドライトを使います。

 

唾液を吸うための器具は歯科用でなく、内科のたん吸入器を改造します。

その他、これまでの経験を生かし、機材や器具の活用など、本当によく考えられています。訪問用の機材の倉庫もありました。それを見るなり院長が、「内田歯科だと真っ先に院長室が倉庫がわりにされるね。」と一言。もちろんです。


さあ!これから、どんどん機材も揃えていきます。翌日には、たん吸入器が届きました。明後日の口腔ケアの訪問の時に、早速使います