診察室から

院長

あらっ。この患者さんとあの患者さんは親子だった!こちらはご夫婦だった!という事に気づいて驚くことの多いひと月でした。長年、別々に治療にみえていらっしゃいましたが、なかなかわからないものでした。家族の中に何人も患者さんがいらっしゃると思うと余計に責任を感じます。身の引き締まる思いです。(思いだけで、身体はなかなか引き締まりません。)

近藤大介先生

先日、大学を卒業して11年目にして初めて同窓会があり、岡山まで行ってきました。懐かしい面々との久々の再会。仕事の上ではみんな立派になっていても、会えばあの頃に戻れる。昔話に花を咲かせ、あっという間に会はお開きになってしまいました。「みんな頑張っている、また頑張ろう」と、気持ち新たに福岡に戻ってきました。これからも初心を忘れず、一人一人の患者さんにこだわりを持って、治療に当たっていきたいです。