歯の色が気になるときに、削らずに白くする方法は2つあります

歯の色が気になる時に削らずに白くする方法として、歯に付いた着色を取り除くクリーニング(PMTC)と薬剤を使って歯自体を白くするホワイトニングがあります。たばこのヤニ、コーヒーやお茶など表面の着色は定期検診の時などに行なうPMTC(プロが行なう専用機器を用いたクリーニング。普段の歯磨きでは取り除くことのできない頑固な歯の汚れを取り除きます。)によって保険適用となります。

詳しくはこちら

歯科医院で使うホワイトニング剤は、市販の漂白剤とは違います

「歯科医院のホワイトニングで歯を白くしたいけど漂白剤を使うのが怖い」と患者さまから相談をうけました。ネット検索しますと、ハイターをうすめて直接歯にぬったり、しばらく口に含んでホワイトニングしました、という実例がいくつもでてきて、ビックリしました。台所用漂白剤やレモンなどの果物で磨くと、表面が酸によって侵され、表面のエナメル質が溶けてしまい、歯がギザギザになり、かえって着色しやすくなります。また、唇など周辺の皮膚にまで悪影響を及ぼします。

詳しくはこちら

ホワイトニングも2種類 その費用は?

歯の色が気になる時に削らずに白くする方法として、歯に付いた着色を取り除くクリーニング(PMTC)と薬剤を使って歯自体を白くするホワイトニングがあります。たばこのヤニ、コーヒーやお茶など表面の着色は定期検診の時などに行なうPMTC(プロが行なう専用機器を用いたクリーニング。普段の歯磨きでは取り除くことのできない頑固な歯の汚れを取り除きます。)によって保険適用となります。

詳しくはこちら

歯ぐきのホワイトニング

歯ぐきのホワイトニング(ガムピーリング)は、日常生活で黒ずんでしまった歯ぐきの黒ずみを本来のピンク色の歯ぐきに再生させる治療です。もともときれいなピンク色だった歯ぐきが黒ずんでしまう原因として、主に次の5つが挙げられます。

詳しくはこちら