放っておくと怖い歯周病について

歯周病ってご存知ですか?
歯肉炎や、歯槽膿漏もその仲間です。
年を取ったら入れ歯になるものだと思っている方も多いのではないでしょうか?
そうならないためには、予防が第一。

放っておくと怖い歯周病についてお話します。
歯周病は「歯周病菌」という細菌が原因です。
「歯周病菌」は「歯周病ポケット」(歯と歯ぐきの間の溝)を作りながら、歯ぐきの奥へと進みやがて歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。支えを失った歯は、徐々にぐらぐらとなっていき、抜歯をしなければならなくなります。

歯を失う原因のNo.1は歯周病(41.8%)です。次に、むし歯(32.4%)。
歯周病の恐ろしい点は、初期、中期には痛みをあまり感じることがなく、気づいた時には重度の歯周病になっていることも珍しくないという事です。

『歯周ポケット』なんて可愛い名前にだまされてはいけません。歯周ポケットには細菌がいっぱい。歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)や歯垢が石灰化した歯石は、歯磨きだけで除去することはできません。

歯周病は、まず予防。なってしまったら進行抑制しかありません。予防の為には定期検診が必要です。

―― 検診の流れ ――
①初回は、パントモ(パノラマ型レントゲン)で全体的な歯周病の進行具合をみます。
②歯周ポケットの深さを計り、出血の有無を調べます。

上の図は、患者さまに差し上げる歯周病の説明図ですが、黄色4mm以上が要注意、赤色は出血です。検査の後、何種類かのスケーラーという器具を使用し歯石を除去します。重度の場合、外科的処置をすることもあります。
歯磨きやフロスなどの説明も行います。もちろん、虫歯のチェックもできます。