歯医者との信頼関係作り

当院では、ネットや開口器などは、一切使わず、お子さまと楽しく会話し、歯科用ミラーで遊んだり、器具を手のひらの上で、ごとごと転がしたりしながら、歯医者さんは怖くない、痛くないと納得してもらってから、治療を始めます。

「今日はここまで!」と約束したら、それは必ず守ります。歯科医との信頼関係作りが大切です。
ここで歯医者さんに通うのが、怖くなくなり、3・4ヶ月おきの定期検診を欠かさないようになりましたら、大人になっても大丈夫です。

ただ、子どもさんが慣れるまで、何回か通院していただくことになるかもしれません。
今までの経験としまして、そこを辛抱強く、連れてみえたご父兄の子供さんは、ほとんどが、次回の定期検診からは、一人で平気でドアを開け、待合室のおもちゃに、一目散で走っていくようになります。

先日も30代後半の患者さまから
「小さい頃からずっと通っているので、先生は親戚のおじちゃんみたい!」と言われ院長は、とても嬉しそうでした。
もちろん、急を要する患者さまの場合、久留米の聖マリアなどの小児歯科を紹介いたします。

患者さまの声 小児歯科をご紹介します。