シーラント処置について

6歳臼歯は、乳歯が生えそろった後に、一番奥に生えてきます。
この歯は、永久歯が正常に並ぶための目安となり、物を噛む特に1番大きな力がかかるので、噛み合わせにも大きな役割を果たすとても大切な歯です。

ですが、食事の時に大活躍するこの歯は、歯ブラシが届きにくいために、汚れがたまりやすく永久歯の中で、もっとも虫歯になりやすい歯になっています。6歳臼歯は、歯ぐきを押しのけ、ゆっくりと生えてきます。
生えたての歯は、石灰化が未熟な上に溝も深いので、歯垢などの汚れを落とすのが難しく、虫歯になりやすいのです。
保護者による、毛先の細い歯ブラシやワンタフトブラシでの、丁寧な仕上げ磨きが必要です。

乳児の時は、虫歯もなくて安心していたのに、小学校入学時や一年生の歯科検診で、虫歯か要注意の連絡がきて、ショックを受けた経験のある方も多いことでしょう。そこで、虫歯予防としてシーラント処置をオススメしてます。

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの溝や歯の側面や裏側の溝を、フッ素の入った樹脂で埋めてしまうことで 歯垢が溜まりににくくなり、虫歯をを予防します。注射をしたり、歯を削ったりしない、痛みのない治療で、保険適用になります。6歳臼歯だけでなく 生えたての永久歯の前歯の裏側や乳歯の奥歯にも効果的です。

シーラントは、あくまでも予防ですので安心してお手入れを怠っていると、虫歯になることもあります。シーラントは取れることもありますので、気づかれたら早めに再度処置してください。

治療の流れは
1 歯の表面の汚れを落とし、乾燥します。
2 シーラントを取れにくくする薬を塗ります。
3 数秒おいて、また水で洗浄して乾燥。
4 歯の溝に、シーラント材を塗ります。
5 シーラントを固めるために、光をあてます。5分くらいの治療になります。
希望される方には、フッ素塗布も行います。