根の治療の中断

歯科治療中断のベスト1は、根の治療(根管治療)です。
そして抜歯原因のベスト1も、根管治療の長期中断です。
中断理由のほとんどが、何回も通うのが面倒、いつ終わるかわからない、の2つです。
虫歯が歯髄(歯の神経や血管)まで進行すると、細菌のために炎症がおき神経をとる必要がでてきます。

治療の手順としては

ここまで進行した虫歯の場合

1.専用の器具(リーマー)などで、細菌に汚染された歯髄や根管の壁を除去します。

2.電気抵抗を利用して根管の長さを計ります。

3.根管内の消毒を行います。

4.根管内に薬剤をつけ、仮のフタをします。病状により何度か付け替えます。

5.根管内がきれいになったら、ゴムのような薬剤を詰めます。

6.根の先まで薬剤が詰められたかどうかレントゲンで確認します。

(Trinity Core より引用)

ここまできて、根管治療完了です。
根の中は直接目でみることができず、形も複雑なので確実にきれいにするには数回から数か月かかります。
また、一旦おきた炎症はすぐに引かないので、病状に合った薬を何回か交換する必要があります。

神経を除去すると、根の先の組織を刺激して、しばらく鈍痛がある場合がありますが、徐々に治まってきます。治療中、根管をきれいにして仮のフタをした時点で痛みは止まり、とりあえず、噛める状態になるため通院の必要性を軽視してしまいます。でも根の中では細菌が活発に活動して、徐々に根の中を破壊していきます。
また、神経を取る時、歯の血管も一緒にとるので栄養がいかず組織が硬くなる為、弾力が無くなり、もろくなってきます。歯全体が変色することもあります。仮のフタのまま放置しておくと、最悪の場合、抜歯になってしまうこともありますので定期的通院で治療を完了させましょう。

根の治療は、歯を失わない為の大事な基礎工事です。