より美しい歯を被せるときは

より美しい歯を被せる時は、まずホワイトニングで自分の歯を白くします。そしてその歯の色にあわせて、ポーセレン ジルコニア クラウンを被せます。

クラウンという被せ物を説明します。
虫歯の部分を削ったり、根をとった場合は土台を入れた後、歯の元となるフレームを作ります。
今までは、そのフレームを金属で作り、その表面をプラスチックや陶材(セラミック)を盛り、焼き付けて白くしていました。

ポーセレン ジルコニア クラウンは、この金属のかわりに『白い金属』と呼ばれる程、頑丈なジルコニアを使います。白いセラミックの包丁にも使われているものです。

ジルコニアのままですと、白いだけで透明感も艶もありませんので、その上に、その方の歯に合う色のポーセレンを盛って焼き上げます。色や光の反射が天然歯に近く仕上がります。
ジルコニアは、強度があるので前歯でも奥歯やブリッジでも、美しい白い歯を被せることができます。

またポーセレンの歯は、プラスチックと比べて、変色しにくく、歯垢も付きにくいので虫歯にもなりにくいという長所もあります。短所は、保険が適用されないのと、噛む力が強い人や歯ぎしりが強い人は、ポーセレン部分が欠けたり壊れたりすることがあります。

白い歯は、その方の歯や噛み合せの状態により、いろんな種類があります。遠慮なくご質問ください。