部分入れ歯の金属

保険の部分入れ歯は、入れ歯を支えるために、「クラスプ」という金属のバネを残っている歯に引っかけて固定します。
ですから笑った時にちらっとみえる銀色は「当たり前、しょうがない」と、ちょっとした諦めが必要になってしまいます。

また、バネをかける歯に負担がかかったり、バネが舌や唇に引っかかったりする事もあります。
でも歯がないままにしておくと、対応する側の歯が伸びてきたり、歯が動いて歯並びが悪くなったり、歯のない所に舌が広がって噛みにくくなったりします。

認知症の予防にも噛む事は大事と言われます。
また、前歯は噛み切るもの、奥歯はすりつぶすものと仕組みが違います。奥歯で噛まないと、早く前歯がなくなってしまうことにつながります。

そこで今回ご紹介する、部分入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は、自費治療になりますが、金属のバネが無いため、入れ歯をしていることも目立ちません。しっかり固定されているので、よく噛めます。

「ノンクラスプデンチャー」にもいろいろな素材がありますが、当医院の「アルティメット」という素材は
透明度も高く割れにくく、変色しにくい優れた耐久性を持っています。
軽くて、違和感のない、優しい付け心地です。自信をもって笑う事が出来ます。

 

治療費は、本数や歯の状態により違います。他医院でインプラントを勧められて迷っている場合にも、セカンドオピニオンとして、一度ご相談ください。