6歳臼歯は大切な歯です

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

6歳臼歯は、乳歯が生えそろった後に、一番奥に生えてきます。
この歯は、永久歯が正常に並ぶための目安となり、物を噛む時に一番大きな力がかかるので噛み合わせにも大きな役割を果たす、とても大切な歯です。ですが、食事の時に大活躍するこの歯は、歯ブラシが届きにくいために、汚れが溜まりやすく永久歯の中で、もっとも虫歯になりやすい歯になっています。
6歳臼歯は、歯ぐきを押しのけ、ゆっくりと生えてきます。生えたての歯は、石灰化が未熟な上に、溝も深いので 歯垢などの汚れを落とすのが難しく、虫歯になりやすいのです。保護者による、毛先の細い歯ブラシやワンタフトブラシでの丁寧な仕上げ磨きが必要です。乳児の時は、虫歯もなくて安心していたのに小学校入学時や一年生の歯科検診で虫歯が要注意の連絡が来て、ショックを受けた経験のある方も多いことでしょう。
そこで、虫歯予防としてシーラント処置をおススメしています。
シーラントとは、奥歯の噛み合わせの溝や、歯の側面や裏側の溝をフッ素の入った樹脂で埋めてしまうことで、歯垢が溜まりにくくなり虫歯を予防します。注射をしたり歯を削ったりしない、痛みのない治療で保険適用になります。
6歳臼歯だけでなく、生えたての永久歯の前歯の裏側や乳歯の奥歯にも効果的です。シーラントは、あくまでも予防ですので安心してお手入れを怠っていると、虫歯になることもあります。シーラントは取れることもありますので気づかれたら、早目に再度処置してください。
治療の流れは
1.歯の表面の汚れを落とし、乾燥します。
2.シーラントを取れにくくする薬を塗ります。
3.数秒おいて、また、水で洗浄して、乾燥。
4.歯の溝にシーラント材を塗ります。
5.シーラントを固めるために光をあてます。5分くらいの治療になります。
希望される方には、フッ素塗布も行います。

当院では、ネットや開口器などは一切使わず、お子さまと楽しく会話し、歯科用ミラーで遊んだり、器具を手のひらで ごとごと転がしたりしながら、歯医者さんは怖くない、痛くないと納得してもらってから治療を始めます。「今日は、ここまで!」と約束したら、それは必ず守ります。歯科医との信頼関係作りが大切です。ただ、子どもさんが慣れるまで、何回か通院していただくことになるかもしれません。今までの経験として、辛抱強く連れて見えたご父兄の子どもさんは、ほとんどが、次回の定期健診からは、泣かずに治療室に入ってこれるようになります。
先日も30代の患者さまから「小さい頃から、ずっと通っているので先生は親戚のおじちゃんみたい。」と言われたと、院長はとても嬉しそうでした。
もちろん、急を要する患者さまの場合、久留米の聖マリアの小児歯科などをご紹介します。