歯並びだけでなく、顔立ちを美しくします

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

先日、矯正の相談にみえた方から「本当にきれいになるか不安。」と言われました。そんな時に4年前に治療を終了された光が丘のS様から、私は親に矯正をしてもらって本当にありがたかったと思っていますので、私の写真を使って下さってかまいませんよ。」と、うれしい一言をいただきました。とても美しい笑顔の花嫁姿の写真です。


矯正治療の目的は、審美・機能・安定の3つです。
1.審美――歯がきれいに並んでいるのはもちろん、
上下の歯の中央が一致し、左右対称にします。
歯と唇と歯茎の関係は、笑った時、上の歯の先端を結んだラインが下唇に沿って、かつ上の歯全体が見える形になります。横顔を見ると、鼻のてっぺんと下アゴの先を結んだ線(エステティックライン)において、上唇は、1.2mm後方、下唇は直線上に歯の位置を動かすことによって顔立ちが美しくなってきます。


2.機能――見た目だけでなく、歯本来の目的である咬む行為が十分にできなければいけません。デコボコの歯をまっすぐ並べるより、上下の歯の山と谷がきちんと咬んでいる状態にする方がより高い知識、技術、経験が必要となります。


3.安定――最初に十分な検査、診断を行って骨格にあった位置に歯を移動することで、きれいになった歯並びを長く維持できます。

当医院では、最も歯並びと咬み合わせをきれいに治すことのできるブラケット矯正を行っております。
1つ1つの歯に矯正装置をつけ動かすので、0.1mm単位で歯の位置を決めることができます。
目立つというデメリットがありましたが、透明なブラケットと歯を動かすワイヤーを白くすることにより、自然な感じになってきました。


目立たない矯正として以下の2つがありますが、次の理由で行っておりません。
歯の裏側にブラケットをつける方法は、体の中で最も敏感な舌があたり、違和感が多くなります。
口内炎ができたり、舌の動きによってはしゃべりにくかったり、食べにくかったりします。
鏡にうつらないので、歯みがきも大変です。費用や期間も1.5~2倍になります。
透明なマウスピースをつけ替えながら少しずつ歯を動かしていく方法は、凸凹がある場合、歯を削って小さくしながら歯の入るすき間を作っていったり、抜歯をしなくてはいけないような大きく歯を動かす場合にはむいていません。取り外しが可能ですので、使わなければ戻ってしまいます。
矯正診察日は、第1、4木曜と第3土曜。相談料は、レントゲン代も含み2,160円です。お気軽にご相談下さい。