歯並びを綺麗にしたい

笑顔からこぼれる健康できれいに並んだ歯は、その人の魅力を高め表情を明るくする重要なファクターです。あなたは今、人前で思い切り笑えますか?微笑みにブレーキがかかっているとすれば、歯が出ている、受け口である、八重歯や乱ぐい歯があることが原因かもしれません。

詳しくはこちら

歯並びだけでなく、顔だちを美しくします

矯正治療の目的は、審美・機能・安定の3つ。審美ー歯の位置をきれいに動かすことにより、顔だちも美しくなります。機能ー見た目を綺麗に並べるだけでなく、きちんと噛めるようにします。安定ー綺麗に並んだ歯並びを長く維持させます。

詳しくはこちら

矯正治療の進め方

Step1 初診相談 Step2 検査 Step3 診断・治療方針の決定 治療開始

詳しくはこちら

矯正へのご質問ーその1ー

子どもの前歯だけ並んでいれば良いのですか?
歯を動かす装置を裏側に付けることはできますか?

詳しくはこちら

矯正へのご質問ーその2ー

矯正治療の期間はどうして長いの?

詳しくはこちら

矯正も思いついたら、その時に

子どもさんの矯正の相談にみえて、実は自分が歯並びをずっと治したかった。この年ではもう無理ですよね。と言われるお母様がよくいらっしゃいます。親として、まずは子どもから治療させたい。という気持ちはよくわかります。歯や歯ぐき、歯槽骨(歯をささえる骨)が健康であれば、何歳になっても矯正は可能です。

詳しくはこちら

”今さら”でなく”今から”へ

子ども達の矯正相談を受けておりますと、お母様方の歯並びが気になります。歯並びを悪いままに放置しておきますと、磨きにくい部分に歯垢や歯石が沈着しやすく、むし歯や歯周病などにかかり易くなります。又、咬み合わせが悪いことが、頭痛や肩こりの一因となる事もあります。矯正治療は、歯と歯指骨(歯を支えている骨)並びに歯ぐきが健康であれば何歳からでも可能です。さし歯や冠を被っている歯でも動かすことはできます。

詳しくはこちら

スタッフ2名矯正始めます

スタッフ2名が、念願だった矯正治療を始めることになりました。そこで改めて治療開始までの流れを説明します。まずは相談。治療のあらまし、大体の費用や治療期間を説明します。次に、検査として3つあります。

詳しくはこちら

心配な時は相談にみえませんか?

筑紫東小学校の校医を開校以来23年間勤めさせていただいています。今年もまた、6月13日と20日に歯科検診に伺いました。最近は、低学年から歯並びの悪い子どもさんが増えています。そこで、矯正担当の渡辺美恵子先生に子どもの矯正についてお話を伺いました。

詳しくはこちら