内田歯科医院 新聞 2021年4・5月 テーマ【エステティックラインをご存知ですか?】

筑紫野市 歯科医院 痛みの少ない 歯医者 内田歯科医院

エステティックラインをご存知ですか?

先日、矯正治療中のお母様から「内田歯科の新聞に載っていた患者さまの写真を見て、いつか絶対矯正させようと思ったんですよ。なんとかラインというのがあって。」 それを隣で お聞きになっていたお友達も「私もそう!」と盛り上がりました。その新聞は、2016年7月号、もう5年前のものになります。

矯正の相談に見えた方から「本当に綺麗になるか不安。」と言われた時に、「私は親に矯正をしてもらって、本当にありがたいと思ってますので、私の写真を使ってください。」と花嫁姿の美しい写真を載せさせていただいたものです。矯正を始める時は、ご本人も親御さまも、ちゃんと並ぶのか不安ですよね。そのせいか、当医院は、矯正をされた方からのご紹介が多いです。また妹さんが綺麗に並んでいく様子を見て、これまで興味もなかったご長男も矯正を始めることになったという方もいらっしゃいます。

先ほどの話に戻りますが、なんとかラインとは「エステティックライン」のことです。
歯科矯正の目的は、審美・機能・安定の3つ。歯並びだけでなく、顔立ちも美しくし、咬むことも十分に、そしてその状態を長く保つことです。

1 審美

歯が綺麗に並んでるのは、もちろん。上下の歯の中央が一致し、左右対称にします。

 

歯と唇と歯茎の関係は、笑った時、上の歯の先端を結んだラインが下唇に沿って、かつ上の歯は全体が見えるようになります。

 

顔立ちを美しくするためには、横顔で鼻のてっぺんと下あごを結んだ線(エステティックライン)において、
上唇は1、2㎜後方、下唇は直線上に歯の位置を動かすことによって、顔立ちが美しくなってきます。

 

2 機能 歯を綺麗に並べるより、より高い知識、技術、経験が必要になるのが、しっかり咬めるようにすること。
上下の歯の山と谷を、きっちり咬んでる状態にします。歯並びが良くなることで、歯磨きもしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクも減ります。

3 安定 最初に十分な検査、診断を行って、骨格にあった位置に歯を移動することで、綺麗になった歯並びを長く維持できます。
矯正診察日は、第1、第4木曜、第3土曜。矯正は、思い立った時が始めどきです。大人の方でも、お気軽にご相談ください。