診察室から 

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

テレビで鑑定団を見ていて、家にも何かないだろうかと考え、ピンと来たのが受付に置いてある鉛筆削り。院長が「小学生の頃から使っているような気がする。」と言います。バリバリの現役で気持ちいいくらい鋭くとげます。随分前に発明家の患者様から、これは優れものの鉛筆削りですよ!まだ、あったんですねえ。と絶賛された事を思い出しネットで調べた結果がこちらです。

1,000円でした。がっかり。でも、これは動きません。家のは、現役。今度、待合室に飾ってみます。