待合室から 

毎年5月の第2日曜日母の日にオープンガーデンをしていますが、今年は中止。毎週、庭の草花をたっぷり使い、待合室を飾りました。

全ての診察台が庭に面していますので、窓を全開、医院の玄関ドアも開け放していますので、一日中風が通り抜け、コロナさえなければ気持ち良い新緑の季節です。1週目はイギリスの古い植物図鑑のバラの額の前に、ピンク系のアレンジです。

 

 

受付はグリーン

正面はビタミンカラーの黄色

個室には、アンティークのシュガーポットに小輪のバラを

翌週の玄関はグリーンを多くしました。

受付には黄色のバラをたっぷりと

正面は優しいピンク

ガラスの小瓶に赤いバラを入れてぶら下げました。

 

3週目は 芍薬

 

受付には紫の小花。オクテオスペルマムスパイダーという珍しい花も入れています。


コロナ対策で雑誌を片付けた後のテーブルにもガラスの器に小さなブーケを

来院された患者さまからは、診察台から眺める庭に癒されたという言葉もいただいています。
感染症対策で緊張の日々ですが、診療後、スタッフみんなで清掃をして、美味しい和菓子と抹茶を楽しむホッと一息タイムもあります。