訪問歯科診療部より

筑紫野市 歯医者 歯科医院 の 内田歯科医院です。

訪問の歯科に関するご相談の中で、『介護の認定を受けていないと訪問してもらえないのでしょうか?』ということがよくあります。結論から申し上げますと、それはNoです。

訪問歯科においては、歯科医師によって訪問を必要とするお身体の状態である、と判断されれば訪問歯科を受診できることとなっています。もちろん、ご高齢であっても、とてもお元気な方には医院へ通院していただくことになりますが、だんだん歯科へ通院するのが難しくなってきた・・・
他の病院もひとりでの通院はなかなか難しくなってきた・・・などのお悩みが出てきた場合は、ご相談ください。
また、歯科の訪問診療を受診される場合、介護保険を一部利用することがあります。その際には、介護ごとに決まっている給付限度額とは別に利用できますので、今までの介護サービスを継続したまま訪問歯科を受けることが可能です。

ところで、介護保険、介護サービスと聞いてもなんだかよくわからない。という方も多いのではないでしょうか?
介護保険制度とは、介護が必要な高齢者(65歳以上の要介護状態の方、または、40~64歳で特定疾患があり要介護状態の方)が心身の状況や生活環境等に応じてサービスを選択し、できる限り自宅で自立した日常生活をおくることを目指す制度です。

具体的にはデイサービス・デイケア・ショートステイなどの通所型サービス、訪問看護・訪問介護などの訪問型サービス、福祉用具のレンタル・住宅改修など住環境を整えるサービスなど多肢にわたります。
(自己負担1~3割)ただ、こうした介護サービスを受けるには、介護の認定を受けなくてはなりません。まずは、お住いの自治体の介護保険課、高齢者支援課(自治体により名前が違います)などに要介護認定の申請を行い、市区町村の調査を受けます。(この際にかかりつけ医による意見書が必要となります。)

そのうえで、要支援1~要介護5の認定がされた場合に介護サービスを受けられる、という流れです。(調査から認定まで1か月くらいかかることが多いです。)この介護認定の申請をご本人やご家族で行うとなると分からないことだらけで、不安な方も多いと思います。そういった場合はご本人、ご家族の代わりに『地域包括支援センター』や『居宅介護支援事業所』、『介護保険施設』の職員さんなどが申請を行うこともできるので、お近くのそういった施設にご相談するのも1つの方法です。

また、介護の認定を受けた場合、多くの方はケアマネージャー(介護支援専門員)さんにケアプランを立ててもらいます。このケアプランに基づいて介護サービスが受けられるという流れです。いきなり知らない施設に相談に行くのはハードルが高い・・・という方は、まずかかりつけの先生にご相談してみるのもいいかもしれませんね。

(訪問歯科担当医  直江美雪)