訪問歯科診療部より

日々の歯みがきの道具、どんなものを使っていますか?

“歯みがき”と聞くと、まず初めに“歯ブラシで歯を磨く”というイメージが沸くと思います。しかし、歯みがき(口腔ケア)を行うときには歯ブラシだけでは不十分な場合が多々あります。今回は、歯みがきに使用する道具について、少しだけお伝えできればと思います。

歯ブラシで届きにくい部分を磨くのに最適なのは、タフトブラシです。これは、毛束が1つの小さな歯ブラシです。歯並びの悪いところや矯正装置の周り、奥歯の後ろなど細かい部分まで毛先を当てることができます。歯と歯の間を磨くものとしては、デンタルフロス(糸ようじ)、歯間ブラシがあります。デンタルフロスは、糸を歯と歯の間に入れ上下に動かし、歯間ブラシは、歯と歯の間に横から挿入し動かします。いずれも隣り合う歯の両方に沿わせるように動かすことで、歯と歯の間を効果的に磨くことができます。

ただ、デンタルフロスは、ブリッジなど、つながった歯には使用できませんし、歯間ブラシは、歯と歯の間の隙間に合ったサイズを選ぶことが大切となりますので、選ぶ際には、お一人お一人に合ったものを選択する必要があります。また、義歯の清掃に関しては、義歯専用の義歯ブラシがおすすめです。一般的な歯ブラシよりも細かく、入れ歯にブラシが当てられるような形となっています。また、入れ歯を洗う時に歯磨き粉を使用される方もいらっしゃいますが、研磨剤入りの歯磨き粉は、入れ歯に細かい傷を作ってしまい、逆効果となる場合がありますので、入れ歯の洗浄は、ブラシで何もつけずに洗い、そののちに洗浄剤等に入れていただくほうが、効果的に清潔を保てます。

要介護の方の場合は、上記に加え、スポンジブラシなどでお口の中を清拭する必要のある方もいらっしゃいます。

お口の健康は、お一人お一人違います。そのため、歯みがきの仕方がわからない、自分の方法で大丈夫なのか心配、といった場合は、お気軽にご相談ください。

訪問診療においても、同様のご相談もお受けできますし、受診に関しても、毎週、月に1~2回、1度だけみてほしい、などのご要望があれば、併せてご相談いただければと思います。

訪問歯科担当医  直江美雪

訪問歯科診療専用窓口 080-7813-3617