訪問歯科診療部より

入れ歯のお手入れできていますか?

毎日の歯みがきと同時に忘れてはならないのが、入れ歯のお手入れです。今回は、入れ歯の清掃方法や保管方法などをお伝えできればと思います。入れ歯の清掃は、基本的には歯みがきの時や就寝前に入れ歯を外しておこなっていただきます。

入れ歯を入れたまま歯と一緒に磨かれる方もいらっしゃいますが、そうすると入れ歯の内側やばねの部分などが清掃できず、衛生を保つことができません。

清掃方法としては、歯ブラシや義歯ブラシを使って、ぬめりのなくなるまで流水下でブラッシングを行います。この時に部分入れ歯の場合は、ばねの部分もしっかりとブラシを当て、汚れを落とすことが重要です。この時、歯磨き粉は使ってはいけません。歯磨き粉には、研磨剤が含まれており、義歯の素材は歯よりも柔らかいため、研磨剤により目に見えない細かい傷が入ってしまい、それが細菌繁殖の原因になってしまうことがあるからです。

義歯を外しているときは、水に入れて保管します。入れ歯は、プラスチックの素材でできているため、乾燥した状態で置いておくと変形し、お口に合わなくなってしまう場合があります。洗浄剤も適時使っていただければ、より衛生を保ちやすくなります。

毎日の清掃を行っていても、入れ歯を使っている期間が長くなってくると、少しずつ素材が劣化したり、かみ合わせがすり減ってきたり、歯ぐきと合わなくなってきたり・・・と不具合が出てくることがあります。特に、ご自宅で療養されている方の場合、なかなかご自身で気づかれなかったり、周りの方にお伝え出来なかったりする場合があります。入れ歯に関してもお口に合っているかどうか、清掃状態や衛生状態が心配、といったご相談もお受けできますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

訪問歯科担当医 直江 美雪)    訪問歯科専用窓口 080-7813-3617